ばねの活躍事例集 これまで培われてきたばね製作技術を活かし、様々な分野で、あらゆるばねの課題を解決してきました。

疑問・お悩み相談室

免震台の振れ防止対策

  • ご要望:免震台の振れ防止対策
    免震台用に、縦振れ対応用として「圧縮コイルばね」を、横振れ対応用として「引張りばね」を使用して実験したいとのご依頼を受けた。 お客様からの要求仕様は以下の通り。

    〔圧縮コイルばね仕様〕
    ばね定数:0.217N/mm、取付時:112mm、荷重:49N(5kgf)
    最大時高さ:87mm、中心径:105mm、線径:3.5mm以下

    〔引張りばね仕様〕
    ばね定数:0.0093N/mm、自由長:160mm、
    取付時:360mm、最大時:560mm
    コイル外径:φ17mm以下

ご提案

自由長をキープしてばね定数、ストロークを満足させるよう以下の様な設計としました。

コイルばね:
φ3.5mmx中心径φ105mmx自由長343.5mmx有効巻数6x総巻数8

引張りばね:
線径:φ0.6mmx中心径φ10mmx自由長160mmx巻数136.5
圧縮コイルばねについては、D/dが大きいため製造上、径のバラツキが大きくなることが懸念されたのですが、お客様にて試作試験したいとの要望があった為、形状重視で製作しました。

お応え事例

お客様にて試験された結果、有効性が確認され実験は成功したとのご連絡をいただきました。しかしながら、今回は試験用のためスペースの関係上、横方向の最大振幅の70%までの試験であり、圧縮コイルバネに関しては問題なかったのですが、引張りバネについては、振幅を満足させるためにはよりストロークを長くとる必要があるとのことでした。

最大振幅100%の最終試験へ向けて再度引張りばねの仕様変更、設計依頼を頂いております。

  • ばねの設計依頼
  • 2回目以降のご注文「リ・オ・ダ」
  • 初めてのご注文
  • 設計資料ダウンロード
  • ばねのご相談窓口