ばねの活躍事例集 これまで培われてきたばね製作技術を活かし、様々な分野で、あらゆるばねの課題を解決してきました。

疑問・お悩み相談室

40年前のばねを図面化

  • ご要望:40年前のばねを図面化
    ご要望:40年前のばねを図面化
    製鋼設備用の溶鋼ノズル昇降調整コイルばねを40年近く使用され続けている。この長期間の酷使によりばねが変形し調整が非常に困難な状態となっている。新しいばねに取替えたいが図面もなく、発注もできない。ぜひ相談に乗って欲しい。

ご提案

まず初めに現物を調査し測定した。
調査結果:線径φ10x外径φ90x自由長100x有効巻5x総巻7
ばね定数36~37N/mm。

測定結果から計算上のばね定数は38.3N/mmとなり、現物とほぼ合うことが確認できた。 但し、自由長については、長年の使用によりヘタリや傾きが見られたため、正規の高さは不明であった。
お客様から調整タワミを40mm欲しいとの要求があった為、応力上問題がないことを確認後、自由長120mmに設定し図面にてご提案した。

お応え事例

当社のご提案したスペックでばねをご発注いただき製作した。
別件としてこのような出来事があった。
こちらのお客様は、経年劣化やヘタリによりばね定数が悪化するのではないかという疑問を長年持っておられた。
今回お客様の所で実際に現物を調査し、その結果を報告したところ、今まで抱いていた疑問が見事に解消されたということで、大いに感謝された。

  • ばねの設計依頼
  • 2回目以降のご注文「リ・オ・ダ」
  • 初めてのご注文
  • サポート資料ダウンロード
  • ばねのご相談窓口