オーダーメイドばねの種類 どんなミッションもお任せください!大きいバネから小さいバネまで、期待に応えるばね達をご紹介。

疑問・お悩み相談室

静的荷重又は低レベルの繰り返し荷重を受ける場合

静的荷重で使用する場合、又は使用期間内に5000回以下の繰り返しを受ける場合、たわみ0.75 h0 時の最大圧縮応力 σI の絶対値は、2500 N/ を超えないことが望ましいです。

繰り返し荷重を受ける場合

繰り返し荷重を受ける場合には、荷重の最大時及び最小時における σII 及び σIII のそれぞれの引張応力を計算します。計算の結果、σII 又は σIII の最大値及び最小値で検討します。
なお、SUP10のばね鋼を使用した場合の繰り返し特性を図3~5に示します。使用材質をSK5Mとした場合には図の80%とみなしたほうが安全です。

  • ばねの設計依頼
  • 2回目以降のご注文「リ・オ・ダ」
  • 初めてのご注文
  • 設計資料ダウンロード
  • ばねのご相談窓口