オーダーメイドばねの種類 どんなミッションもお任せください!大きいバネから小さいバネまで、期待に応えるばね達をご紹介。

疑問・お悩み相談室

疲れに対する考慮

図3にせん断応力の疲れ強さ線図(JIS B2704)を示す。

永久変形(へたり)を考慮する場合 は、0.45以下に設定することを推奨する。図4に引張り応力の疲れ強さ線図(JISB2709)を示す。

永久変形(へたり)を考慮する場合 は、0.7以下に設定することを推奨する。設計応力は、ばね使用時の下限応力と上限応力との関係、繰返し回数、材料の表面状態など疲れ強さに及ぼす諸因子などを考慮して、適切な値を選ばなければならない。

許容応力

図5に、許容せん断応力(JIS B2704)を示す。ばねの使用上の最大せん断応力は、図5に示す値の80%以下にするのがよい。図6に許容引張り応力(JIS B2709)を示す。

  • ばねの設計依頼
  • 2回目以降のご注文「リ・オ・ダ」
  • 初めてのご注文
  • 設計資料ダウンロード
  • ばねのご相談窓口