ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

お忙しいところ、ご迷惑をかけ、申し訳ございません。 ・・・

キーワード
皿ばね
高さ
プレス
ダイハイト
調整
下死点
スライド調整
ボルスタ
スライド下面
ボルスタ面
スライド調整ねじ

【ご相談内容】 CC

お忙しいところ、ご迷惑をかけ、申し訳ございません。

プレス機のダイハイトなんですが、本を読み、「スライドを下死点まで下げ、スライド調節を上限まで上げるときのスライド下面からボルスタ面までの寸法だと言う」と記載されました。

以前、皿ばねを生産する際に、皿ばねの高さを変えりたいのですが、方法はスライド調節ねじをいじり、ダイハイトが調節され、結局、皿ばねの高さの変化量が変わっているということです。しかし、スライドの調節ねじの調節範囲は有限なので、ダイハイトの高さの変化量も限界があります。結局、皿ばねの高さの変化範囲は有限になりました。

以上は私の愚見ですが、正しいかどうか分かりませんが、教えてもよろしでしょうか?
また、ダイハイトを調節することにより、製品の高さの変化量の範囲を知りたいのですが、教えていただけないでしょか。

お忙しいところ、ご迷惑をかけ、申し訳ございません。

ご返事をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問いただきありがとうございます。
ダイハイトの認識は記載のとおりです。また、皿ばねの高さ調整も記載のとおりで、
場合によっては、限度がありますので、皿ばねの形状にあった金型を揃える必要があります。

ダイハイトの調整による製品の高さの変化量は、ノウハウの部分になりますので、
示すことはできません。ご了承願います。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口