ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

 お忙しいところ、ご迷惑をおかけ、申し訳ございません。今、お久しぶり品を検討中です。

キーワード
お久しぶり品
前回品
年数

【ご相談内容】 JJ

 お忙しいところ、ご迷惑をおかけ、申し訳ございません。

今、お久しぶり品を検討中です。

 お久しぶり品ということは以前、生産したことがある、そして、金型を何年間使わなく、数年後、もう一回生産するということが分かります。

 伺いたいことは以下です。
 何年間に関しては、具体的な年数(例えば、1年か、2年か、3年か等)を教えていただけませんか。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問ありがとうございます。
“久しぶり”の具体的な年数ということですが、中々難しい質問です。結論から申しますと
一般的に具体的な年数では決まっておりません。日常においてこの言葉を使用するタイミングは、
人それぞれ異なるように、相対的な長さを表す言葉になりますので、メーカーや各担当者によっても
認識は異なってきます。

例えば、営業担当者が、3年ぶりに受注して、お久しぶり品という認識をしても、
製造現場では、図面もあり、製造担当者や設備、治工具、ノウハウも揃い、問題なく作れる
状態であれば、お久しぶり品だからといって製造現場にとっては特に問題なく、営業担当者には、
価格の見直しが必要といったことがあるくらいです。

“久しぶり”という言葉は、安全管理や生産管理の中の言葉としてよく見られます。
期間が空くと記憶が薄れていたり、以前と状況が変わっていて、ミスや失敗が発生しやすく
なるためです。
これを防ぐために、メーカーごとに様々なことに期間を設けており、例えば、
資料の保管や見直しの期間、設備や治工具の保管や点検、メンテの期間、製造担当者の在籍年数、
教育の頻度、材料の保管期間、関連企業との契約や仕様書の有効期間などがあると思います。

貴社においても上記のような期間を設定されているかと思いますので、それを参考に
されるのがよいかと思います。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口