ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

圧縮バネの使用範囲を引っ張り領域まで拡張した場合のバネ定数

キーワード
ばね定数
圧縮ばね
使用範囲
引っ張り領域
拡張

【ご相談内容】 ばね初心者

圧縮バネの使用範囲を引っ張り領域まで拡張した場合、引っ張り領域においても圧縮バネのバネ定数は維持されますか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ばね初心者さま

ご投稿ありがとうございます!!

圧縮コイルばねを引張り領域まで拡張した場合というのは、自由状態から圧縮方向と引張方向の
両方で使用される場合ということで間違いないですか?

圧縮、引張の場合、応力評価を十分に考慮して設計する必要がありますが、ばね定数については
圧縮の場合は、密着タワミの30 – 70 %の範囲、引張の場合は塑性変形しない範囲(弾性領域)であれば
ばね定数の変化は微少でほぼ一定になると考えられます。

宜しくお願いします!!!

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口