ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

板ばねの変形について

キーワード
板ばね
リーフスプリング

【ご相談内容】 T-SaANO

厚さ0.18mm,幅5mm弱、長さ約25mmのSUS304CS-3/4Hを
U字形に曲げ(屈曲部約12mm、R曲げ部R2.5mm、固定部約5mm)たリーフスプリングを用いて、
これを1個づつ、4箇所の角部に横に寝かせた状態において、
概正方形の剛体(約150gw)を支持(M2ネジ固定:12mm中の先端から長さ2.5mmの位置)し、
1mm弱のストロークの単発の振動を加えて使用していますが、

試作したバネは初期に平行(180°曲げ)に設定していたものが、
数回単振動を加えた後、ネジを緩めの取り外しただけで、
180°曲げ部分が、例えば170°位に変形(広がる方向)してしまいます。

なぜこのような現象になるのか悩んでいますが、
原因は何だと想定されるでしょうか?応力の緩和でしょうか?
対策するとしたらどのような方法があるのでしょうか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

原因として挙げられる事は、曲げ加工後のテンパー処理による応力除去です。
これによって、曲げた形状が元に戻る現象が起きていると考えられます。
曲げ加工時には、この傾向を見越す必要があると思われます。

あくまで考えられる原因の一つとなります。よろしくお願いします!

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口