ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

板ばね材について

キーワード
板ばね
SUS
設計応力

【ご相談内容】 yasu

現在、板ばねを設計するに当たり、SUS301csp-Hにて設計を実施しています。
そのため、SUS301CSP-Hでの設計は問題がないのですが、
それ以外の材料(SK5をCSP-H相当に焼入れ焼き戻し)にて設計を行うとどうしても上手くいきません。
どの様な事が問題であると考えたらよろしいでしょうか?

また、現在は高剛性の板ばねを設計しており、SUS材では板厚に限りがありSK材の使用を今回行いました。
SUS301CSP-Hより疲労強度の高い材料について教えて頂けると幸いです。
またそれらの材料のS-N曲線をいただけませんか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

板厚1.5mm以下のSUS301-CSP-H材の引張り強さは1320N/mm2以上とななりますが、
SK5-CSP材の引張強さは板厚1mm以下で1510N/mm2程度、1mm以上で1330N/mm2となり
いずれもSUS301-CSP-Hよりも強度の高い材料となります。

SUS301CSP-Hより疲労強度の高い材料となると、
ご指摘のとおりSK85(SK5)及びSUP10材となりますが、
耐久限度線図についてはHP内「ばね技術情報」-「板ばね」-「設計応力の取り方」に記載してますので、
参考にしてください。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口