ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

こんにちは バネの疲労限度が熱処理により上がって、バネの寿命・・・

キーワード
焼入れ
疲労限度
焼戻し
熱処理
ばね
寿命

【ご相談内容】 ばね初心者

こんにちは 
バネの疲労限度が熱処理により上がって、バネの寿命がかなり上がる場合があると聞きました。
この熱処理についてadviceいただけますか。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問いただきありがとうございます。
ばねに使用される材料には、熱処理により強度を持たせるものと材料の時点で強度があるものがあります。
疲労限度を高くするには、引張強さを高くする必要があります。ただし、いくらでも強くできるか
というと限度があります。
熱処理により強度を持たせる材料の代表としては、ばね鋼(SUP材)があり、成形後焼入れ、焼戻しが必要になります。熱処理をする前は、生材ですので、ばねとして使用できるほどの強度はありません。
熱処理時には、表面の脱炭を避けること、できるだけ深部まで焼入れることなどが大切で、時間管理や温度管理、炉内の雰囲気の管理、冷却までの時間、冷媒の温度・品質、攪拌状態の管理を適切に行う必要があります。

材料の時点で強度がある材料としては、オイルテンパー線やピアノ線、オーステナイト系のステンレス鋼線があり、低温焼きなましを成形後に行います。材料毎に適切な温度があり、残留応力の除去や引張り強さなどの機械的性質を
改善する効果があります。そのため、疲労限度に寄与します。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口