ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

算出した最大曲げ応力の値によって塑性変形するかどうかの判別

キーワード
塑性変形
曲げ応力
ばね
バネ用ステンレス鋼帯
SUS304-CSP H
880MPa

【ご相談内容】 ばね初心者

算出した最大曲げ応力の値によって塑性変形するかどうかの判別は、880MPa以上だと変形するという認識でいいのでしょうか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問いただきありがとうございます。
ばね用ステンレス鋼帯であるSUS304-CSP Hの耐力と塑性変形の関係についてのご質問として
回答します。
SUS304-CSP Hについて静的な用途で、塑性変形のひとつの目安として、JIS G 4313に
規定されている耐力(880MPa以上)を使用されることを大きな問題にはならないかと思われます。
しかしながら、耐力は、0.2%の塑性ひずみが発生しているポイントとなりますので、
実際にその応力まで使用すると、厳密には塑性変形が発生している可能性があります。

また、動的(繰り返しの応力)な使用条件や温度などといった条件になりますと、塑性変形
しやすくなる場合もありますので、最終的にどの応力を使用時の上限とするかは、耐久試験等で
評価することをおすすめします。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口