ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

コイルバネで、力を加える際最初は抵抗が強く、後半は抵抗が弱く

キーワード
コイルばね
皿ばね
たわみ
荷重
圧縮コイルばね
ばね
非線形
設計
機構
直列ばね

【ご相談内容】 ばね初心者

コイルバネで、力を加える際最初は抵抗が強く、後半は抵抗が弱くなる設計はできるでしょうか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問いただきありがとうございます。
圧縮コイルばね単独では、難しいかと思います。
1つの例としては、弊社HPに技術・計算情報においてコイルばねの計算式のページに
掲載されている図4、図5のようにすれば、たわみ始めは、ばね定数が強く、途中からばね定数が弱い
非線形の特性が得られます。

コイルばね:計算式

その他の方法としては、機構と組み合わせることで非線形な特性を得ることができます。
しかし、弊社は装置メーカーではないため、詳しくは回答致しかねます。

ばね単独で成立するものとしては、皿ばねがあり、たわみ始めはばね定数が強く、
途中からばね定数が弱いといった特性をえるための形状することもできます。
他にも、普通のコイルばねではありませんが、斜め巻きコイルスプリング(コイルばね)でも、
同様の非線形な特性になります。
ただし、必要なたわみ量や荷重、形状等を考慮して各ばねが適切かどうかは、判断が必要です。

    個別のご相談はこちらから!

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口

個別のご相談はこちらから!

ばねの設計依頼・お見積もり お問い合わせはこちら

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口