ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

ピアノ線のテンパー処理

キーワード
ピアノ線
テンパー処理
ヘタリ
耐熱温度

【ご相談内容】 ohata

ピアノ線について教えてください。
通常、ピアノ線にはテンパー処理をしないと最近耳にしました。今までピアノ線のバネには必ずテンパー処理していました。へたり具合とかピアノ線だとあまり変わらなくなるのでしょうか?
又、高温下で使用した場合ピアノ線の耐熱温度が100度ということですが、テンパー処理すると耐熱温度が上がりへたりが軽減されることがあるのでしょうか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ohataさま

書込みありがとうございます!
ばねの強度を有した材料は、ばね成形後低温焼なまし処理をします。
その対象となりますのは、ピアノ線、硬鋼線、オイルテンパー線、
熱処理鋼帯、ばね用ステンレス線・板、ばね用非鉄金属線・板です。
この処理の目的は、成形によって生じたひずみ(残留応力)をある程度
まで除去してやることと材料の機械的性質を改善することにあります。
この処理によって冷間成形されたばねは、耐へたり性や疲れ特性が
改善されます。
しかし、耐熱性があがることはございませんので、ご注意下さいね!

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口