ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

全くの素人なので教えてください。釣竿を自作しようとしてる

キーワード
ステンレス
SUS304
SUS304-CSP
SUS301-CSP
自作
調質
違い
変形
釣り竿

【ご相談内容】 ばね初心者

全くの素人なので教えてください。釣竿を自作しようとしてるのですが、釣竿の先端部分にステンレスバネ材を使用したいと考えています。

調べたところsus301-csp,sus304-cspがバネ材だと分かったのですが、この2種類は同じ負荷を与えた時に曲がり方に違いはあるのでしょうか?

またcsp表記のないsus304ステンレス板で同じ使い方をしたら変形しやすいのでしょうか?

何も分からないのでご教授お願いします。

添付ファイル:

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問ありがとうございます。
曲がり方という部分では基本的に違いはありません。
同じ力を加えれば、同じ量の変位となります。

ただし、SUS304-CSP、SUS301-CSPともに、調質という区分があり、
どの調質を選ぶかで、ばねとして作用可能な範囲の限界値が変わります。
このばねとして作用可能な範囲の限界値を示す1つの要素として、JIS規格のJIS G 4313
には、耐力という応力が示されています。最低限これを越えない範囲で使用する必要があります。

調質を表す記号として、SUS304-CSPでは、1/2H、3/4H、Hがあり、SUS301-CSPでは、
1/2H、3/4H、H、EH、SEHがJIS規格のJIS G 4313に記載されています。

各調質に対応する耐力は、以下のとおりです。
数字が大きいほど、ばねとして作用可能な範囲が広いということになります。
(SUS304-CSP)
1/2H・・・470N/mm^2以上
3/4H・・・665N/mm^2以上
H・・・880N/mm^2以上

(SUS301-CSP)
1/2H・・・510N/mm^2以上
3/4H・・・745N/mm^2以上
H・・・1030N/mm^2以上
EH・・・1275N/mm^2以上
SEH・・・1450N/mm^2以上

一方で、基本的には数字が大きいほど、硬い材料となり、ばねとして成形する際の加工性が
悪くなります。

材料の名称が、SUS304で、CSPや調質の記載がないものは、耐力が規定されていないため、
ばねとして作用可能な範囲の限界がかなり低くなります。

サイズ的には小さいので、購入可能なもので、どれが最適か曲げて試される方が早いかもしれません。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口