ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

C5210P-Hは低温焼き戻しの熱処理がしてある材料とのこと

キーワード
材料
プレス加工
熱処理
テンパー処理
C5210P-H
低温焼き戻し

【ご相談内容】 ばね初心者

C5210P-Hは低温焼き戻しの熱処理がしてある材料とのことですが、この材料をプレス加工した後にテンパー処理を行うとどんな効果がありますか?そもそもテンパー処理は必要ありますか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問ありがとうございます!

テンパー処理(低温焼鈍)は、ばねの残留応力の除去や弾性限・耐力の向上を目的とします。
プレス加工などが施された場合、テンパー処理を施行しないと、
残留応力が除去されていないので、早期折損や変形の可能性があります。
形状を重視する場合や、応力に余裕がある場合は、テンパー処理をしない場合もございます。

【返答】 ばね初心者

ご回答ありがとうございます。図面指示でテンパー処理(低温焼鈍)がなぜあるのか、理解できました。ありがとうございました。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口