ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

こんにちは。SWP-Bについて質問です。線径1.0mmのねじリコイルばね

キーワード
SWP-B
300~350℃
低温焼きなまし
熱処理時間
テンパーカラー
バネの強度

【ご相談内容】 ばね初心者

こんにちは。SWP-Bについて質問です。

線径1.0mmのねじリコイルばねを成形後、上記素材を300~350℃にて低温焼きなましします。
その際、熱処理時間によってテンパーカラーが茶~青に変化しますが、この時間による色の変化でバネの強度に変化はありますか?(Rの小さい曲げ加工等)
熱処理時間は10~30分を目安にしています。ご教授のほど宜しくお願いします。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ばね初心者さま

ご投稿ありがとうございます!

SWP-Bのねじりコイルばねの低温焼鈍についてですが、
300~350℃で10~30分を目安に施工されているのであれば適切な処理範囲です。

テンパーカラーは、熱処理の時間や温度によって酸化皮膜の厚みによって変化します。
見た目の色が異なるのは、光の干渉現象によるものです。

皮膜の厚みは極薄で、材料強度に影響におよぼすものではありませんが、テンパーからのムラが
製品の温度ムラが要因であれば、炉内環境や製品の処理方法などを見直した方が良いです。

色の違いは、熱処理条件だけでなく、材料表面の状態(付着物など)によっても異なります。
熱処理環境や熱処理条件が適切で、若干色味が違うということであれば、表面の付着物によるものかも
しれませんので、強度への影響はないものと考えられます。

よろしくお願いします!

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口