ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

SUP4  sup9とSAE9254は類似の性質でしょうか

キーワード
SAE9254
ばね鋼
SUP9
特徴
違い
成分
SUP4
性質
合金

【ご相談内容】 藤田 裕代

SUP4  sup9とSAE9254は類似の性質でしょうか

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

質問いただきありがとうございます。
いずれの鋼種も同じような強度するために熱処理によって、
調整することも可能ですが、材料サイズや用途に応じて、求められる
機械的特性のために熱処理条件を変えることもできるため、
適切な鋼種を選定することが必要です。
成分の違いとその違いによる鋼種の特徴、使用例について示します。

成分は、以下のとおりです。
SUP4:C0.90~1.10、Si0.15~0.35、Mn0.30~0.60、P0.035以下、S0.035以下、Cu0.35以下、Cr0.20以下
SUP9:C0.52~0.60、Si0.15~0.35、Mn0.65~0.95、P0.030以下、S0.030以下、Cu0.30以下、Cr0.65~0.95
SAE9254:C0.51~0.59、Si1.20~1.60、Mn0.60~0.80、P0.035以下、S0.040以下、Cu0.30以下、Cr0.60~0.80
※ばね鋼のP、Sは、受渡当事者間の協定で0.035以下でも可
※SAE9254は、SUP12相当材

成分ごとの違いをまとめると、以下のとおりです。
・SUP4は、SUP9とSAE9254に比べ、炭素量が多い
・SUP9とSAE9254は、SUP4に比べ、マンガンとクロムの量が多い
・SAE9254は、SUP4とSUP9に比べ、シリコン量が多い

SUP4は、炭素量の多さで焼入れ性を高め、強度を高くすることをねらっている。
ただし、炭素量が多いことで延性や靭性の面で不利に働いている。
合金成分が少ないので、SUP9やSAE9254よりは安価。

SUP9とSAE9254は、SUP4より炭素量は少ないが、マンガンとクロムを多くすることで、
焼入れ性を高め、強度を高くすることをねらっている。マンガンは、炭素に比べ延性や
靭性の低下に対する影響が少ない。

SUP12は、SUP4とSUP9よりシリコンが多いため、耐へたり性が高くなります。

SUP4は、規格からは除外されており、現在は入手不可となっています。
SUP9は、重ね板ばね、コイルばね、トーションバーなど広く使われています。
SAE9254は、自動車用懸架ばねがほとんどの用途になります。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口