ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

初めて投稿させて頂くものです。

キーワード
焼入れ
SUS
SUS301-CSP
SUS301-CSP-H
SK-5
SUS-301
焼き戻し

【ご相談内容】 立岩

毎度御世話になります。
初めて投稿させて頂くものです。
以下の質問につき何かコメント頂ければと思います。
【概要】
一般的な話として、SUSのバネ材を使いたい場合、
例えばSUS301-CSP-H材(超質材)とかを選定し、プレス加工してから、低温焼きなま
し等で残留ひずみ(360℃ぐらい)を取り除くと認識しております。
 一方、鋼材(例えばSK-5材)は、製品形状にしてから、A1変態点以上に温度を上げ(焼き入れ)、その後必要温度で焼き戻しを行うのが一般的と認識しております。
 そこで質問なのですが、SUS-301とかSUJS-304の生材で
プレス加工(硬度低いので成形し易い)を行い、製品形状にしてから鋼のようにA1変態点で焼入れ&戻しをすれば、バネ機能を有する物性に変化しないのは何故なのでしょうか?
(物性含有率的には、SUS301もSUS301-CSP-材も変わらないのですが...)
以上、宜しく御願い致します。

以上、宜しく御願い申し上げます。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

立岩さま

書込みありがとうございます!
まず、鋼の焼入れはA1変態点以上ではなくA3変態点以上に温度を上げる
のが一般的です。
また、鋼はCの含有量が多いと焼入れ性がよくなり、Cの含有量が少ない鋼は
焼入れ性が悪くなります。
SUS301,SUS304はC量が少なく、焼入れしても硬化しないタイプのステンレス鋼です。
ただし、冷間圧延すると硬化しますので、それがばね材として使用されております。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口