ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

東海ばねさん    おはようございます。今、、てこ式ダイヤルゲージ

キーワード
平面度
てこ式ダイヤルゲージ

【ご相談内容】 C9

東海ばねさん   

 おはようございます。今、てこ式ダイヤルゲージで製品の平面度を測定しています。

 てこ式ダイヤルで製品の平面度を測定する時、事前、ある程度の量(一般的には、30mmの圧縮量にする)を圧縮してから、測定します。もし、30mm以上に圧縮すると、ばねが壊れる傾向があり、測定値が間違くなると聞きましたが、それが正しいですか。もし、正しなければ、正しいことを教えていただけないでしょうか。

 よろしくお願い致します。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問いただきありがとうございます。
ダイヤルゲージがどの程度で壊れるかについてはダイヤルゲージの製造メーカーでないため、
把握しておりません。
しかし、基本的にばねには、ばねとして求められた性能を発揮するために、許容応力や安全率を考慮して
使用可能な最大応力が設定されています。その範囲内の応力で使用可能な荷重やたわみ、トルク、回転量を
設定しており、その範囲を超えて使用した場合、ばねがへたったり最悪の場合折損します。

ダイヤルゲージも様々な形状やストローク量のものがあるため、一概に30mmが閾値になるかどうかは
分かりませんが、ある限界まで使用すれば、ばね壊れ正しい測定ができなくなる可能性があります。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口