ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

SUS304WPB製の止め輪の製作図面に「固溶化熱処理のこと」

キーワード
熱処理
テンパー処理
ばね
SUS304-WPB
低温焼きなまし
止め輪
固溶化
溶体化

【ご相談内容】 中川和彦

SUS304WPB製の止め輪の製作図面に「固溶化熱処理のこと」と表記されているのですが、通常のバネの場合でもこの熱処理は行うのでしょうか。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問いただきありがとうございます。
SUS304-WPBを使用して成形した製品に対しては、通常、固溶化熱処理を実施することは
ありません。成形後に実施する熱処理としては、低温焼きなまし(テンパー処理)を実施することが
一般的です。
もし、固溶化熱処理と同条件の熱処理をした場合、材料が本来有していた機械的特性が失われ、
ばねとしての機能も果たさなくなります。

SUS304-WPBを製造している材料メーカーや伸線メーカーにおいては、SUS304-WPBを製造する
工程内で固溶化熱処理後、伸線加工を繰り返し実施されます。

    個別のご相談はこちらから!

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口

個別のご相談はこちらから!

ばねの設計依頼・お見積もり お問い合わせはこちら

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口