ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

SUP6の以下の物性値及びCAEの解析する際の弾性係数

キーワード
弾性係数
ポアソン比
SUP6
伸び
物性値
性係数
熱膨張係数
熱伝導率
比熱
降伏応力
極限応力

【ご相談内容】 ばね初心者

SUP6の以下の物性値及びCAEの解析する際の弾性係数は縦と横どちらを採用したらよいか?
密度
熱膨張係数
熱伝導率
比熱
弾性係数(横)
ポアソン比
降伏応力
極限応力
伸び

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ばね初心者さま

ご投稿ありがとうございます!

SUP6(ばね鋼)のCAE解析に用いる物性値として横弾性係数(G)と縦弾性係数(E)のどちらを
採用するかについては、解析しようとする製品に生じる負荷によって使い分けすることになります。

縦弾性係数(E)はヤング率とも呼称されます。
これは、引張や圧縮の力が生じる場合に適用します。

横弾性係数(G)はせん断弾性係数とも呼称されます。
これは、せん断力が生じる場合に適用します。

SUP6の各弾性係数の値は下記の通りです。
縦弾性係数=206000 N/mm^2  ⇒ こちらからもご確認頂けます。
横弾性係数=78500 N/mm^2 ⇒こちらからもご確認頂けます。

宜しくお願いします!!

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口