ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

線径 φ1mm以下の圧縮コイルバネにおいて、圧縮回数 50万回程度

キーワード
圧縮コイルばね
応力
端面
圧縮回数
繰り返し
ピーク

【ご相談内容】 ぐるぐるは

線径 φ1mm以下の圧縮コイルバネにおいて、圧縮回数 50万回程度で、端面から1.5~2巻の部分で
疲労破壊が発生しています。

通常の圧縮の繰り返し時において、応力のピークが発生するのは、
どの部分になりますか?

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ぐるぐるは さま

ご投稿ありがとうございます!
圧縮コイルばねであれば、通常圧縮時には、コイル内径側が高応力部となります。

その中でもクローズドエンドのコイルばねですと、座面部での線間接触等により
疲労破壊が至る場合がございます。
また、自由高さとコイル径の比率が大きい場合には、座屈が生じてコイル部で
屈折した部分で高応力となり疲労破壊に至る場合がございます。

実物を採寸して、FEM解析などで応力解析してみるのも一つの解決策となるかも
しれません。

宜しくお願いします!!

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口