ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

オイルテンパー線の疲労限界を推測する手段

キーワード
JIS
ショットピーニング
オイルテンパー線
疲労予測
グッドマン線図

【ご相談内容】 ozawa

オイルテンパー線は、疲労限度が高いといわれていますが、
グッドマン線図では、材料の引張り強さを用いて計算を行なうので、
オイルテンパー線を使用したSPRINGの疲労限界の高さが現れないと思います。

ショットピーニング加工の影響はなおさらです。
これらの疲労限界を推測する良い手法はないでしょうか。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

グッドマン線図はオイルテンパー線にそのまま使用できます。
また、ショットピーニング効果については、下記の通りグッドマン線図を補正します。
———————————-
繰返し回数   片振り疲労強度
・10^7      σB×0.36
・10^6      σB×0.40
・10^5      σB×0.42
・10^4      σB×0.50
———————————
※JISでは、ショットピーニングなどの有効な圧縮残留応力があるときは、
 引張り強さに対する片振り疲労強度の係数は20%程度上昇させて上表のようにしてもよいとしています。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口