ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

SK-5材の板ばね

キーワード
許容応力
SK5
SK85

【ご相談内容】 ばね計算初心者

このHP内で”許容応力は材料の弾性限度内にあればよい。
表面状態が良好であれば、静的最大応力は引張り強さの75%以下に
とればよい。”との記載があります。
ちなみにSK-5材を使用した板ばねの静的最大応力はどれ位でしょうか?
初歩的な質問ですみません…。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ばね計算初心者様

こんにちは!
引張り強さが使用材料の硬度範囲により異なりますので、硬度範囲
の下限値を引張り強さに換算し、その値の75%が静的最大応力とな
ります。
例えば、使用材料の硬度範囲がHV460~500の場合、HV460は引張り
強さに換算すると1530N/mm^2となり、その75%の1147.5N/mm^2が
静的最大応力となります。

【返答】 ばね計算初心者

ご回答ありがとうございました。
再度質問させてください。
”許容応力は材料の弾性限度内に~”という事ですが
弾性限度点(上限点)としてはご回答頂いた硬度から換算した
引張り強さの値そのもの(75%しない値)でよろしいのでしょうか?
それとも他に考え方があるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ばね計算初心者様

こんにちは!
ご使用になる板ばねに曲げ応力がかかる場合、その曲げ応力は静的
使用の場合
引張り強さの75%までとれます。
引張り強さそのものは曲げ応力においては、材料の弾性限度を超え
た値となります。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口