ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

引っ張りバネの応力計算について

キーワード
引きばね
応力計算
初張力

【ご相談内容】 寅次郎

はじめまして。
引っ張りバネの応力計算について教えて頂きたいです。
初張力によるせん断応力(初応力)は、計算式があるので算出ができます。

このとき、取引先のアドバイスで、熱処理をする関係で
初張力は計算より25%下がると伺いました。

この場合は、応力も下がると思うのですが、
一般的に考えて、熱処理で初張力は下がることが有るのでしょうか
御社では、どのように検討されていますか?
参考までに教えて頂きたいです。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

引張りコイルばねは、初張力を積極的に利用しますので、
成形後の低温焼なましはあまり高い温度、長い時間行うと初張力の低下をきたすので、
適度に行うことが必要です。

一般的には、鋼線以外の材質及び低温焼なましの実施に対する初張力は、次のように修正します。

ステンレス鋼線の場合は、鋼線の15%減、
りん青銅線、黄銅線、洋泊線などの場合は、鋼線の50%減とします。

また、成形後に低温焼なましを実施する場合は、
ピアノ線、硬鋼線などは、20~35%減、
ステンレス鋼線で15~25%減と致します。

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口