ばねの疑問・お悩み相談室 お客様から寄せられる“ばねの困った”を解決する
				Q&A掲示板です。誰でも気軽に閲覧&ご質問いただけます。

疑問・お悩み相談室

引きばねの許容応力について

キーワード
許容応力
引張コイルばね
引張りばね
許容ねじり応力

【ご相談内容】 ばね初心者

質問失礼いたします。

引きばねの許容応力について検索していると、
設計の際、許容ねじり応力に対して
64% 以下 と 80%以下 の表記が混在していますが、どちらが正しいのでしょうか。

特に静荷重の場合はどちらを参考に設計すれば良いのでしょうか。
設計内容としては70%程度の応力を負荷し続ける状態を想定しています。

ばねっと君

【返答】 ばねっと君

ご質問ありがとうございます!

引張ばねの許容ねじり応力につきまして、JIS B2704では冷間成形品の場合、
図に示す値の80%を許容せん断応力(セッチング応力、最大試験力)、
図に示す値の64%(許容せん断応力×80%)以下が使用最大応力と記載されています。
許容せん断応力付近は、使用する範囲として安全ではなく、ばねがへたる可能性が高いため、
許容せん断応力よりさらに低い応力(使用最大応力)以下に設定する必要があります。

※図はこちらの「図5.許容せん断応力」よりご参照ください。

    個別のご相談はこちらから!

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口

個別のご相談はこちらから!

ばねの設計依頼・お見積もり お問い合わせはこちら

返答するコメントを入力


<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre> <em> <strong> <del datetime=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">




※ご質問と回答は一般公開されますので特定される内容には十分お気をつけください。

  • ばねの設計依頼 お問い合わせ窓口